ゆるふわ黒魔術

メインブログじゃ書かないことをお好きなままに書くところ

【感想】「シン・ゴジラ」を観てきたのでファーストインプレッション ―初代ゴジラへ原点回帰も紛れもない庵野作品(ネタバレあり)

f:id:djent44:20160729172011j:plain




ゴジラシリーズはほぼほぼ通ってきており、成長過程においてゴジラガメラによる影響を間違いなく受けているいおり村長です。


さて、本日公開日のシン・ゴジラ、さっそく観てまいりました。





なんといいますか、このまま閉口していると精神衛生上よろしくない面もありますし、溜まったものは吐き出さないとスッキリしない性分なので、

せっかくこうして自由気ままにモノを書く場所を手に入れた事ですし、映画のファーストインプレッションを適当に書き殴っておきたいかな、と思います。


いわゆる「ネタバレ」も含む事となるかと思いますので、なるべく純粋な気持ちで鑑賞されたい方は、まず劇場に足をお運びください。

 



まず、観終わって一発目に発したツイートが、



 





こんな感じになるわけですが、ネタバレをしないよう自制をしつつ、漠然とした感情を吐露したものである事はお分かり頂けるかと思われます。



パンフレットを開くと、庵野秀明総監督による「シン・ゴジラ」製作発表時のコメントが書かれており、「エヴァではない、新たな作品を自分に取り入れないと先に続かない状態を実感」したうえで臨んだ作品である事を改めて実感するわけですが。


「新たな作品」と言いながらも、これは完璧に、紛れもなく庵野秀明映画だわ」と言わしめる内容となっておりました。



タイトルを「シン・ゴジラ」とするに終わらず、もろにエヴァとのコラボ企画をバンバン打ち出してきたのは「ただのプロモーションの一環なんだろうな」くらいに思っておったわけですが、 実際拝見したところエヴァじゃないけどエヴァじゃねーか」と心の中で爆笑しきりだったのですが、同じく既に拝見された方、いかがだったでありましょうか。









人物同士の掛け合いに注力された特撮映画

構成的な話をすると、もちろんゴジラが主役という事もあって特撮シーンが見どころではあるのですが、上映時間の大半は政府内で動く人間たちのドラマ、掛け合いにスポットを当てたものです。


おそらくは2014年に公開されたハリウッド版「GODZILLA」のような、ハリウッドらしく大味な、刺激の強い視覚表現の連続・・・といった作風を期待していた人にとっては、なかなか退屈だった人も多かったのではないでしょうか。

もっと言えば、平成ゴジラで育ってきた層ですら退屈に感じた人も居るかもしれない。



この作品は注意深くセリフを聞き入っていなければ置いてけぼりをくらうところもありますし、結構な体力が必要なくらいには情報量が多いです。

だからこそ、一度で理解しきれなかった内容を確認しに何度も劇場に足を運ぶファンも続出しそうではあります。


個人的にはそのあたり、大いに楽しめるタチですが、「これは人を選ぶよなぁ」と思ったのは、そういった理由です。



・・・というように、映画のシーンの大半が人物の掛け合いで占められていることもあり、ゴジラのシーンはまだなんだろうか」というフラストレーションを溜めさせては発散させ・・・を繰り返し、終盤で「巨大なモノが巨大なモノを破壊しまくる」怪獣映画ならではの爽快感を一気に味わわせる。

緩急の付け方としてはそんなところでありましょうか。





肝心な特撮シーンは

仕方ないと言うべきかは分かりませんが、本作も結構なCGが使われているわけですけれども、そのクオリティ的にはやはり予算の天井が見えてしまうレベルだな、という感想を正直抱きました。

それでも「邦画としては」かなりの頑張りが見られたのは素直に評価したいところではありますし、「これもCG?」と思ってしまうほど判断がつかないシーンがあったのも事実です。


ですが「このゴジラの挙動は狙ったニュアンスとしてそういう動きをさせているのか、制作上の限界でのこの動きなのか」と判断に困る、違和感を感じたシーンがあったことは否めず、そのあたりは若干引っかかってしまいました。

f:id:djent44:20160729171225j:plain



本作は、「ゴジラvs人類」という構図なため、「怪獣vs怪獣」の作品のようなダイナミックさは見られませんが、その代わり自衛隊の各兵器の魅力をこれでもかと描いています。


しかし今回は「スーパーX」「メーサー兵器」のような架空兵器もなく、「G対策センター」なるものも存在しない、非常に現実に則した設定ゴジラと対峙しなければならない状況を描いておるわけです。


その状況下で、「現実にあるものをフルに活用してゴジラと戦うならどうするべきか」という妄想を膨らませた結果、私たちが普段よく見、利用する列車を突撃させたりするなどというビックリ大作戦を展開するという様はさすがに予想がつきませんでした。



これまでのゴジラシリーズにあった超兵器が存在しないからこそ、ゴジラに対する絶望感も増したと言えますが、「庵野秀明の考えるスーパーSF超兵器」をゴジラ作品でも見てみたかった気もしなくはないです。




意表を突かれた音楽

これはもう言うまでもないですが、ゴジラの脅威に対し対策を練るシーンで、エヴァでおなじみのあの音楽を流用してきたのは「マジか」という顔をせざるを得ませんでした(良い悪いを抜きにして)。





↑これの「デン、デン、デン、デン、ドンドン」のあたりをフィーチャーしたものが流れていたわけですが。



・・・東宝が直接庵野氏に依頼をしたとはいえ「ここまで好きにやらせたのか」と驚きを隠せないレベル。

ゴジラという未知なる生物に対処すべく開かれた作戦会議の様子もまんまエヴァそのものでしたし、庵野氏が仮に自身でエヴァを実写化させたなら、きっとこんな風になるのだろうなぁ、とも。


その点を除けば、音楽面ではこれまでのゴジラでおなじみのテーマ曲を用いるだけに留まらず、再録したステレオ音源ではないモノラルの、おそらくは初代のオリジナル音源が使われた事は、初代ゴジラへのリスペクトを表しているのでしょう。


このところの映画音楽はシンプルかつ説得力のある象徴的なものではなく、あくまで作品の雰囲気を重視したものが多く、一聴しただけでは耳に残らないものが多い印象です。

しかし個人的にはどちらかというと、ゴジラのテーマのように説得力があり、フックの効いたメロディで聴かせる映画音楽をこれからの作品でも聴かせて欲しいものであります。




数多く発表されたキャスト陣、一体どこに?

シン・ゴジラ」では総勢300名を超える俳優、歌手、アーティストからのキャスト陣が発表されました。

もちろんエンドロールでもキャスト陣だけで仰天レベルの名だたる著名人の名が流れるわけですが、その全員を劇中で認識する事ができたならはっきり言って凄いです。


まぁこれは「ゴジラの撮影で日本から俳優が消えた」というプロモーションがしたかっただけで、出演といっても大半はカメオ出演(とも言えないくらいチョイ役で)出ていたのだと思いますが、それにしても分からなかった。


基本的にスポットが当たるのは長谷川博己竹野内豊石原さとみらといった面々。

内閣官房副長官・政務担当の矢口蘭堂を演じた長谷川博己はメイン級なのである程度は芯がある演技でおおむね良かったのですが、米国大統領特使のカヨコ役を演じた石原さとみの演技は個人的に「クサいな」と鼻につく感じが少々。


カヨコ役は他にも適任が居たような気がしないでもなく。





ゴジラの設定にも意表を突かれる

これまでのゴジラといえば基本的に、最初の登場シーンから最後まで"完成形"の形で登場してきましたが、今回はゴジラの上陸に伴って第2形態、第3形態、第4形態と変態を遂げていきます

海から上陸したばかりの形態では爬虫類のように地を這う姿で突き進み、変態を経て二足歩行型の巨大生物へと急激な進化をする姿は、「怪獣vs怪獣」という構図ではない分、ゴジラシリーズにおける本作を特徴づけた設定となりました。

f:id:djent44:20160729171247j:plain



ゴジラの造形にも注目するなら、私が思うに平成ゴジラ以降のゴジラは「イケメン臭」がするのに対し、「シン・ゴジラ」のそれはグロテスクさ、恐怖感を煽るものであると感じます。

これについてはパンフレットにも「イメージデザインのコンセプトは原点回帰」と書かれているので納得がいくところです。



おなじみの熱線は巨神兵プロトンビームに近い演出ですが、私個人としてはあの放出の仕方が一番かっこいいと思っており、アツいチョイスをしてくれたと思います。

さすがに口からだけでなく身体中から無数の熱線を発射するのは予想外だったので、含んでいたコーラを噴き出しそうになりましたが。




結局「ゴジラ」ってこういうところから始まったんだよね

ということで、なんとなくアバウトにまとめてしまうなら、本作は「極めて現実に則した設定で現代に描き直した初代ゴジラといったところでしょうか。

「怪獣vs怪獣」の大味なプロレスバトルもいいけど、ゴジラって元々こういうところから始まった作品だったはずだよね、というのを教えてくれ、戦後日本の特撮の原点を正当な形で後世に伝える役割は十分に果たしたと言えると思います。


前述の通り、エンターテイメイト作品として現代にしては人を選ぶ作品ではあると思いますし、正直言って興収にも影響を及ぼす気がしますが、少なくとも私は


大好きな「ゴジラ」国内シリーズが「ゴジラ FINAL WARS」で終わらなくて本当に良かった


と心の底から思うばかりであり、東宝庵野秀明総監督をはじめとしたスタッフの方々には感謝の気持ちでいっぱいであります。





以上、劇場から帰宅した直後に感想を書き殴った自宅からでした。